トップイメージ
  • ホームへ
  • 保険の見直し診断
  • 保険の見直しのコツ
  • 保険のコラム
  • 相談のお申込み
  • 厚生年金・健康保険の加入基準変更と扶養の条件-その①

    健康保険や厚生年金の加入基準が来年の平成28年10月から変更されることを知っておられる方も多いと思います。

    この変更を機に働き方を扶養の条件から離れ、「世帯として少しでも多くの収入を得る」ことを考えてはいかがでしょうか。

    扶養からはずれ、厚生年金と健康保険に加入することで、将来の収入増とリスクへの手厚い保障が準備できるからです。

    扶養されている方の頭にある130万円を超えると「損をする」、「働き損」になるという言葉を聞くことがあります。確かに短期でだけで考えれば、150万円から160万円以上の収入が無いと、現実的に手取り収入が下がります。
    ただし、厚生年金に加入するということは、将来の老齢厚生年金の受給額が増加します。現在年金は受給開始年齢の見直し、マクロ経済スライドが開始されています。
    年金の金額を増加させようと考えた場合、手段は長期間働き、収入を増やすことですので、ご自身でわざわざ収入に枠をつける必要はないと思います。
    また、ご自身が被保険者の場合に、病気やけがで働けず賃金・給与が受けられないなどの場合に傷病手当金が支給されます。(国民健康保険にはない)
    ■支給される要件としては
    a. 病気・けがのため療養しているのであれば、自宅療養でも良い。
    b. 療養のために仕事に就けなかった時。
    c. 賃金・給与が受けられない時。
    賃金・給与の額が傷病手当金より少ない場合は、その差額が支給される。
    d. 続けて3日以上休んだ場合。(4日目以降ということ)

    ・支給される金額は休業した1日につき標準報酬日額の3分の2相当額。入院している期間についても同額支給。
    ・もらえる期間は支給されることとなった日から1年6か月。
    但し、同時に厚生年金法による障害厚生年金(国民年金の障害基礎年金も含む)をうけられるようになったときは、傷病手当金の方が高額な場合に限り、その差額がしょうびょうてあてきんとして支給されます。

    このように手厚い保障があるので、厚生年金と健康保険に加入する価値があると考えています。

    保険のプロが毎週更新《保険のコラム》


    福岡保険事務所ホーム個人情報保護方針勧誘方針について