トップイメージ
  • ホームへ
  • 保険の見直し診断
  • 保険の見直しのコツ
  • 保険のコラム
  • 相談のお申込み
  • 保険のコラム一覧

  • 2015.10.15

    厚生年金・健康保険の加入基準変更と扶養の条件-その②

    平成28年10月からの改正で対象者は25万人にのぼると予測されています。 下記は、その内容となっています。 平成24年8月22日に公布された「公的年金制度の財政基盤及び最低保証機能の強化等の為の国民年金法等の一部を改正する法律」に、健康保険法・厚生年金保険法の一部改正が含まれており、「短期労働者に対する厚生年金・健康保険の適用拡大」で現在の扶養の条件130万円未満が、106万円未満に変わる方達が居ます。 改正に関しての考え方は、 ・これまで被用者保険の恩恵を受けられなかった比正規労働者に社会保険

  • 2015.10.15

    厚生年金・健康保険の加入基準変更と扶養の条件-その①

    健康保険や厚生年金の加入基準が来年の平成28年10月から変更されることを知っておられる方も多いと思います。 この変更を機に働き方を扶養の条件から離れ、「世帯として少しでも多くの収入を得る」ことを考えてはいかがでしょうか。 扶養からはずれ、厚生年金と健康保険に加入することで、将来の収入増とリスクへの手厚い保障が準備できるからです。 扶養されている方の頭にある130万円を超えると「損をする」、「働き損」になるという言葉を聞くことがあります。確かに短期でだけで考えれば、150万円から160万円以上の収

  • 2015.07.21

    出産にかかる費用や万が一のリスクなど

    ■出産に関わる費用出産に関わるかかる費用は厚生労働省の保険局の資料によれば、全国の平均的にかかる出産の費用は平成24年度は、入院日数6日で486,734円です。 ■ 出産育児一時金被保険者は、健康保険から出産育児一時金が受けられます。•出産育児一時金とは、被保険者及びその被扶養者が出産した時に協会けんぽヘ申請すると1児につき42万円が支給されます。(産科医療補償制度に加入されていない医療機関等で出産された場合は40.4万円(平成27年1月1日以降)です。※多胎児を出産した場合は、胎児数分ずつ支給

  • 2014.07.30

    医療保険に加入する前に知っておきたいこと-その②

    世界的にみても日本には有用な公的医療保険があり、それにより日本のどこでも、有効と確認されている医療が廉価で受けられ、かつ、医療費が生活者にとって過度な負担になり過ぎないように、高額療養費制度、税の医療費控除等も整備されているからです。 また、生活保護を受けている方の場合、医療費は全額行政(税金)の負担です。 今回のコラムでは全国で医療を受ける方が、どのくらい発生しているのか、年代別の入院日数、在宅医療を受ける方達のデータとして、厚生省が2012年11月に発表した資料から抜粋し簡単に紹介します。

  • 2014.05.15

    年金の繰り上げ受給

    こんにちは、福岡保険事務所のマナです。   昨日 、ニュースで年金の繰上げ受給のことを取り上げていたので、少し述べたいと思います。    現在、年金の受給開始年齢は65歳からですが、 年金の繰上げ受給とは本来の受給年齢に達する前の段階(60歳0ヶ月)から受給できるというもので、老齢基礎年金・老齢厚生年金とそれぞれの計算式で算出して受給額が決まります。早い段階から受け取るのだから、もちろんその分受給額は減額されますが、どのくらいかというと、老齢基礎年金の部分を下記で例えてみます

  • 保険のプロが毎週更新《保険のコラム》


    福岡保険事務所ホーム個人情報保護方針勧誘方針について